ゴムパッキンが原因の水道の修理

水道などの水回りのトラブルは、どの家庭でも起こりうるトラブルとなっています。トイレや洗面台、キッチン、洗濯機など色々な箇所で水道のトラブルは起こってしまいますが、中でも特にトラブルの原因となりやすいのが、内部パーツの経年劣化です。特にゴムパッキンの破損などは、非常にトラブルの原因として多くなっていますので、トラブルが起きる前に、きちんとゴムパッキンの破損によるトラブルについての知識を得ておく必要があります。

■10年を目安に破損しやすくなる

蛇口などを始め、様々な水道のアイテムとしてゴムパッキンは使われています。このゴムパッキンは、金属製のパーツの間に入れる事で、クッションのような役割の他に、金属同士では微妙に空いてしまう隙間を埋める効果があります。水はほんの少し隙間があってもしみだしてしまいます。特に毎日使っている水道でしたらかなりの量の水が溢れてしまいます。そういったトラブルを防ぐためにゴムパッキンは使われています。
ゴムパッキンは、ゴム製ですので金属製のパーツと比べて破損しやすい傾向にあります。もちろん水にもある程度の耐性があるように開発されていますが、長年使い続けていると縮んでしまったり、切れてしまったりします。
10年という数字は、メーカーが算出している耐用年数です。この前後は特に水道のトラブルが起きやすいタイミングとなっていますので、その時期になればいつ破損しても対応できるように蛇口 交換の準備をしておきましょう。それが被害を最小限に抑えるポイントになります。

■ポタポタと染み出るような水漏れ

水漏れには色々な症状がありますが、ポタポタと染み出るような水漏れの場合には、ゴムパッキンの破損が原因となっている可能性が高くなります。蛇口のレバー周辺からポタポタと水が溢れているような場合には、大半がゴムパッキンが破損してしまった為に溢れているような状況です。
もちろん金属をとめているパーツがゆるんでしまっている事も考えられますが、大半がゴムパッキンの劣化によるものです。ゴムパッキンの交換の場合には、自分でやってしまう方もいますが、基本的にはプロの方にお任せするのが定番になっています。

■まとめ
水回りのトラブルの場合には、自分で修理する方もいます。しかし、ゴムパッキンの交換の場合には、修理料金もリーズナブルですので修理をプロにお任せしてしまう方も多くいます。また、蛇口の内部のゴムパッキンの修理は、パーツが非常に細かいのでご自身で修理するよりも、プロに修理をお任せした方が安全です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ